3AVAPE クーポンコード【msvape】で10%OFF
healthcabin クーポンコード【msvape】で10%OFF
HEAVENGIFTS クーポンコード【msvape】で15%OFF
Efun.top クーポンコード【msvape】で7%OFF

※レビューした商品について※

にほんブログ村ランキング参加しております。宜しければ投票お願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

[VAPE][アトマイザー/RDA][Hellvape]Dead Rabbit SQ BF RDA[22mm][ベイプ][レビュー]

にほんブログ村のランキング参加してます。
↓クリックすると投票できますので応援お願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ


どうも、Fredyです。管理人さんから【HellVape】DeadRabbit SQが到着しましたので使っていきたいと思います。

コチラの【HellVape】DeadRabbit SQも管理人さんがレビューしてますので、ソチラの動画も要Checkです。→https://youtu.be/rphsMpHlHjo



購入先

√ Hellvape Dead Rabbit SQ BF RDA

製品紹介
Dead Rabbit SQ RDAは、旧型Dead Rabbitの22mm版ってだけではなく、シングルコイル前提のRDAでありながら、Rabbit Earデザインとオリジナルの革新的なエアーフローも変わりません。供給された空気の流れは、MTLを可能にする。SQはシングルコイル・ドリッパーとして機能しますが、Squonking RDAとして最初から設計されました。金メッキされたBFピンがプリインストールされているので、すぐに使用することができます。

パラメータ:
直径22mm
シングルコイルビルディング
ボトムフィーダピン付属

特長:
優れた導電性のため金メッキされたポジティブポスト
気流を容易に調整するための滑り止めローレット加工
トップコイルデッキでのコイルの脚を事前に切断
フレーバーに焦点を当て、漏れを最小限に抑えるように調節可能な上面の対角線の気流
調整可能な半制限付きおよび完全制限付きMTLエアフローオプション
コイルリードの平らな側面に固定してビルドを保護するための
ポジティブピンは、ボトムフィード用に設置された下部BFピンとドリップ用の予備の510ピン

パッケージに含まれるもの:
1x DeadRabbit SQ BF RDA
 (樹脂ドリップチップ付き)
1x デルリン810ドリップチップ
1x デルリンMTL 510ドリップチップ
1x ステンレススチール510アダプター
1x ゴールデンスロットピン
4x スロット付き&六角ネジ
1x  Oリング
2x 六角ドライバー


【外観】

外観は以前の24mm版を22mmになって更に可愛くなった印象です。
上部のローレット加工がエアフロー調整時に効果的です。

サイド上部に設けられたエアホールも24mm版と変わらないですね。
リキッド漏れを防ぐ意味もあるようですね。

エアー供給の角度も同じ感じです。上部から斜め下に供給されるタイプです。

ドリチは810なので汎用性が高く好みに応じて交換できます。

底面には、『Designed by Heathen』『SQ』『HellVape』の刻印があります。

ポジピンは、こんな感じです。

さて、今回のSQには MTL向けのドリチも付属してましたし、MTL向けのエアホールも装備されています。

ステンレス製の810→510のアダプターを取り付けて。

アダプター自体がツライチで収まってくれるのは、嬉しいですね。ボディと同色だったたら尚良かったのになぁ。

アダプターがツライチで収まったのに、ドリチが浮いた感じのデザイン。
ローレットのエアフローコントロールをグイッと回すと、MTL向けのエアホールが現れます。

あんまりカッコ良くないですね。

よく見ると、MTLエアホールも細いながらも、ちゃんと斜め下に空気が供給される様になってますね。

もう少し、MTLドリチのデザインを考えた方が良かったのでは・・・

トップキャップ裏は、綺麗なR加工がしてあります。

DL用のエアホールが2箇所、MTL向けが3箇所開いてます。

デッキを見ていきましょう。

デッキは24mm版のビルドブロックを半分無くした感じのデッキです。また、外周部に突起が取り付けられており、エアフローコントロール時や、取外し時に空回りを防いでくれるスグレモノです。トップキャップは突起の位置を合せないとシッカリ嵌まりません。

BF供給時、リキッドはポスト横のトンネル部分から直接コットンに供給される形になります。

ジュースウェルは深いとは言えないですね。

それでは、ビルドしていきましょう。


【ビルド①】

せっかくMTL向けに進化しているので、まずはMTLで
KA26ga/3mm/7Rap 1.11Ω

位置は素直にど真ん中で。

高さは、コイル一つ分くらい上げる感じで組んでみました。

ちょっと上げすぎたかなぁ。

コットンレッグも長いけど、BF時にちゃんと供給されるのかなぁ

それでは、MTL仕様で吸っていきます。

うん、確かにドローはMTL向けで重いですね。けど、味の出方は、やっぱり普通。
特別悪いわけでも、特別濃い訳でもなく。ちゃんと味出るし、悪くないって印象。
イマイチ、パンチがない感じかなぁ。


【ビルド②】

24mmはデュアルで組んで美味しかったから、コレもデュアルで組んでみましょう。
KA24ga/3mm/6Rap 0.34Ω(デュアル)


位置は、24mm版の時と同じ感じになるように。

高さは、先程よりも下げてみました。

こんな感じです。脚の処理がテキトーですが。

コットンはモフモフして、完了です。

それではDLで吸っていきます。

うん、コッチのが美味しい。DeadRabbitらしい味の出方します。
まぁ、特別濃いわけでは無いんですけどね。良い具合に味出ます。


【まとめ】

【HellVape】DeadRabbit SQ RDA使っていきました。
24mm版から色々進化はしてると思いますが、シングル前提になっちゃったのは駄目ポイントですね。デザインは相変わらず可愛いし、22mmになって可愛さ増したし、乗っけるMODの幅も広がったと思います。でも、やっぱりデッキは以前のままが良かったなぁ。


Eleaf PICO Squeeze

HUGOVAPOR SQUEEZER



最後までご覧いただき有難うございました。
プレゼント企画やYoutubeライブで生配信などユーザーの皆様に楽しんで頂けるブログにしたいと思っております。宜しくお願いします。

0 件のコメント :

コメントを投稿